1000字書くことの難しさ

ブログ運用

 こんにちは、紺稀です。今日は『1000字書くことの難しさ』を書いていこうと思います。

ブログで1000字書く

 ブログで1000字書くことは、読み応えができたり、Googleアドセンスに合格しやすくなったりする上で必要なことなのかもしれません。しかし、『ある事柄』がすごく多くの内容を含んでいるのでもない限り、無駄のない1000字を書くことはすごく難しいことだと思うんです。

 では、僕が1000字書くのがどうして大変なのかについて、個人的な考察をしていきたいと思います。

原因を考えてみる

Twitterに慣れている

 1点目として、Twitterに慣れていることが挙げられます。Twitterは140字制限の中で言葉を綴る必要があります。同じ内容についてツイートするのもせいぜい2、3ツイートくらいです。500字に満たない中で言いたいことを言い切ることに慣れているため、1000字かけて解説することが難しいのだと思います。

タイトルでだいたい伝わる

 そもそも、記事のタイトルにおいても見出しにおいても、タイトルは内容を端的にひとことで表しているのだからそれだけである程度伝わります。僕はそう思ってしまいます。そのため、わざわざ解説をする必要があるのか? となってしまって、長文が書けなくなります。

日記調になると1000字も書くことがない

 僕のブログは雑記ブログのため、ネタが尽きると軽率に日記を書きます。日記調のブログになると、言いたいことが1000字もありません。結果的に、500字程度で終わってしまいます。

改善するには

 ここからは、『それでも1000字書きたい!』という人のために、自分の戒めも兼ねて僕なりの対策を書いていきたいと思います。

書きたいことについて調べる

 まず、書きたいことがあったらそれについてサイトや本で調べ尽くすことが大切だと思います。調べれば情報量が多くなり、必然的に書く内容も増えるのではないでしょうか。

自分の意見を盛り込んでみる

 これは情報を伝えたいだけの記事においては不要、むしろ邪魔なくらいだと思いますが、『まとめ』などに自分の意見を盛り込むことで、記事のボリュームが増えると思います。僕の場合、自分の意見が書いてある記事の方が、ただまとめてあるだけの記事より人間味を感じて信頼できます。そういった意味でも盛り込んでみても良いのではないでしょうか。

そもそも1000字書く必要はあるのか?

 これは僕の個人的な意見なのですが、字数が長いと途中で読む気がなくなります。ブロック分けができていない記事だと特に。あと、内容が薄かったり同じことの繰り返しだったりする記事も。

 途中で読む気が無くなってしまうくらいなら、短い記事を何本か投稿して『その1』『その2』といった感じで分けた方が良いと思います。ひとつの記事が1000字いかなくても、何本か投稿すれば自ずと1000字超えるでしょうし。

最後に

 『Googleアドセンスやアフィリエイトに合格するために1000字以上の記事を書かなきゃ……!』という人、多いと思うんです。でも、合格するためだけに書くのはしんどくないですか?

 アドセンス記事にも書きましたが、僕は1000字書かなくても合格しています。別のサイトでもブログをやっていますが、そちらは1000字書かないどころか200字未満の記事があるような状態でアドセンス、アフィリエイト、Amazonアソシエイト全てに合格しました。まあ、使ってないんですけど。

 アドセンス合格記事も貼っておきます。

2020年4月合格

 書きたい内容があるけど1000字に満たなくて読み応えがない……! という場合には、調べたり意見を盛り込んだりして1000字以上を目指せば良いと思います。ただただ合格やSEO対策? でになるのかは知りませんが、そういうののために書くだけならやめましょうよ。自分が書いていて楽しくないブログは読み手もきっと楽しくないです。

 ところで、今日の僕の記事は1000字超えたんですかね? わかりませんが、文章を書くのは楽しいですね。昨日今日とやる気が出ているので、この調子で明日も書きたいです。

 それではまた次の記事で会いましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました